スライド4.JPG

講座内容

日程:4月1日(日)  

時間:Am10:00~12:00 Pm13:00~15:00

会場:さいたま共済会館(JR浦和駅 徒歩10分)

【午前会場】10:00~12:00 黄金の三日間で一年間を成功させる〔学級経営編〕

【準備1】担任となったらまず学ぶべき「黄金の三日間」

良い学級をつくるために、まずやるべきは、黄金の三日間に学級を組織することです。成功する出会いの演出、成功する準備物について紹介します。



【準備2】学級のしくみとルールをシミュレートする

しくみとルールにはどのようなものがあるのでしょうか。生徒に語る言葉でノートに綴っておくことが大切です。持ち上がりの場合も含めて、具体的な事例を紹介します。


【準備3】システム化された当番活動が学級を安定させる

毎日繰り返される当番活動がうまくいけば、学級は一年間安定します。給食や清掃でスムーズに動けるシステムを作り、教師が一緒に活動することが大切です。


【準備4】学級開き前日はここを最終チェックする

学級開き前日は、教室環境の整備、呼名の練習、一日の流れの確認など、やるべきことがたくさんあります。学級開きを大成功させるための最終チェックポイントを詳しく紹介します。


【準備5】集団づくりに役立つミニレクを準備する

新しい学級での緊張した雰囲気を和やかにしたり、子ども同士の交流を生み、集団づくりを進めたりするために、隙間時間を活用して行えるミニレクを紹介します。


【準備6】黄金の1日目、覚悟を持って出会いに臨む

黄金の1日目、長谷川氏の実践記録をもとに、朝の出勤から「さようなら」までの教師の仕事を紹介します。覚悟を持って出会いに臨んだ長谷川氏の実践は、必見です。


【準備7】黄金の三日間後も失速させない教師になる

黄金の三日間の準備ばかり一所懸命やって、それで力尽きてしまい、その後失速してしまうことがあります。大切なのは、4日目以降です。教えたことがどれだけできているのかを確認し、できている子を褒めるなど、教師がチェックしたり、促進したりしていくことが大切です。


【特別講座】長谷川先生講座 QA


【午後会場】13:00~15:00 黄金の三日間で一年間を成功させる〔授業編〕

【準備1】良い教材が授業を一年間安定させる 小学校編

いい教材は教師の力量不足を補ってくれる。ユースウェア通りにそのまま使うだけで子どもたちに力がつく。勉強が苦手な生徒にもやさしい。小学校でおすすめする教材とその良さを、授業を通して実演・紹介する。


【準備2】良い教材が授業を一年間安定させる 中学校編

いい教材は教師の力量不足を補ってくれます。正しい使い方で、子どもたちにぐんぐん力がつきます。勉強が苦手な生徒にもやさしいです。中学校でおすすめする教材とその良さを、授業を通して実演・紹介します。


【準備3】授業力を高める教材研究と模擬授業

毎日の授業準備で困っている先生方におすすめ! 教材研究の仕方や授業力を高める方法を紹介します。TOSSランドに載っている先行実践を追試したり、サークルやセミナーで模擬授業をしたりすると、子どもたちの反応が少しずつ変わっていきます。


【準備4】規律とシステムを確立する授業開きのポイント

子どもたちに教えたい規律やルールにはどのようなものがあるのでしょうか。また、どうしたらルールを定着させることができるのでしょうか。授業開きで規律やシステムを確立するためのポイントを紹介します。


【準備5】教科書とノートを正しく使って子どもたちに力をつける

教科書の使い方やノートの書き方、黒板の活用法など、子どもたちに力がつく学習方法を、授業を通して実演・紹介します。


【準備6】授業の腕を上げる法則十か条 初級編

授業が上手な先生は、子どもたちのやる気を引き出す技術をたくさん持っています。授業の腕を上げる法則十か条の中でも、特に重要な法則を2つ程度取り上げて、授業を通して実演・解説します。


【準備7】黄金の三日間で子どもがあげるアドバルーンへの対応策

「教師の指示に従わない子」「私語が止まらない子」「何度も前年度のことを持ち出す子」「暴言をはく子」など、授業中に子どもたちがあげるアドバルーンへの対処方法を紹介します。

【特別講座】長谷川学級の授業開き、再現・QA

講師紹介

図1.png
長谷川博之
メイン講師は、埼玉県で中学校の教員をしている長谷川博之先生。生徒の力を伸ばすとびっきり楽しい授業と、荒れた生徒の心を動かす実践は、多くの教師に勇気を与えています。全国の小中学校での研修やセミナーに呼ばれ、どの講座も大好評です。Amazonで1位になった「超・積極的指導法」を始め、著書多数!ぜひ一度は会ってみてほしい、知的で、熱い先生です。