ビルボード 教え方2018.jpg

講座内容

日程:4月29日(祝)  

時間:Am10:00~12:00 Pm13:00~15:00

会場:大宮ソニックシティ(JR大宮駅 徒歩10分)

【午前会場】10:00~12:00 特別支援の子どもをどう伸ばす 対応徹底攻略講座

第一講座 褒めて伸ばす? 叱って伸ばす? 特別支援対応のポイント

「特別支援の必要な子どもはたくさん褒めてあげましょう」とはいうものの、不適応行動がたくさん見られるときにはどうしたらいいのでしょうか。個別対応・集団対応両面から解説します。


第二講座 「合理的配慮」って何? 具体的な対応事例はこれだ

「合理的配慮」という言葉はかなり広まったけれども、具体的にどうしたらいいのでしょうか。具体的な事例を通して、そのポイントを学べます。


第三講座 担任だけが抱え込まない 保護者・他機関との連携のポイント

特別支援が必要な子は、担任が一人で抱え込み、悩みがちです。学年での対応、保護者への連絡の仕方、他機関へのつなげ方など、ポイントを紹介します。


第四講座 特別支援の必要な子どもも「集中・熱中する」授業とそのポイント

特別支援の必要な子どもも、授業で熱中し、活躍すると変わっていきます。実際に子どもが集中・熱中した授業を実演。なぜよかったのかポイントも紹介します。


第五講座 QW明けは要注意! 特別支援の対応ポイント

ここから始まるGW。GW明けは支援の必要な子どもは乱れがちです。事前の対応、事後の対応を準備しておくことで心の余裕ができます。具体的な事例・対応を通して紹介します。


第六講座 特別支援のシステムを構築する

特別支援コーディネーターになったら何をすればいいのか? 分掌で担当していない場合には? 学校をあげての支援体制をどのように構築したらいいか、実例・ステップとともに紹介します。


第七講座 長谷川先生講座「特別支援は授業が要だ」


第八講座 QA

【午後会場】13:00~15:00 子どもを伸ばす生徒指導 徹底攻略講座

第一講座 生徒指導は未然に防ぐ! 「超」積極的生徒指導の秘訣

ことが起きる前に行う「積極的生徒指導」。長谷川氏は「超・積極的生徒指導」を掲げています。超・積極的生徒指導とは? 書籍からの学びを実践に生かした事例、そのポイントを紹介します。


第二講座 生徒指導、これはNG! 私の失敗対応とその後

やってしまった大失敗。なぜこの指導はダメだったのか、どうしたらよかったのか。今同じ状況が起こったらどうしたらいいのか。NGから学ぶ、学びの活かし方、その後の対応を紹介します。


第三講座 生徒指導 この場面ではこう対応する!(1)授業編 (2)学級編 (3)部活編

具体的な場面でどう対応したらよいのか、事例検討と対応のポイントを学べます。


第四講座 こんなときどうする? 生徒指導したのに問題勃発! 対応のポイント

(1)指導したのに、指導事項が入っていない (2)反抗されてしまった (3)保護者からクレームが来た など、対応した後にこじれてしまったら…挽回方法、今後気をつけることを紹介します。


第五講座 女性だって関係ない! 女教師流生徒指導

「女性だから生徒指導はできない」そんなことはありません! 腕力がない女性でも対応できる、指導のポイントを紹介します。


第六講座 学校を動かす 生徒指導のシステム作り 

うまくいっていない隣のクラスへのフォロー、学年での対応、生徒指導委員会の持ち方など、学校全体で動かす生徒指導の体制づくりを紹介します。


第七講座 長谷川先生講座


第八講座 QA講座

講師紹介

図1.png
長谷川博之
メイン講師は、埼玉県で中学校の教員をしている長谷川博之先生。生徒の力を伸ばすとびっきり楽しい授業と、荒れた生徒の心を動かす実践は、多くの教師に勇気を与えています。全国の小中学校での研修やセミナーに呼ばれ、どの講座も大好評です。Amazonで1位になった「超・積極的指導法」を始め、著書多数!ぜひ一度は会ってみてほしい、知的で、熱い先生です。