pm of 2012.5.12 脱怒鳴る教師/QA講座


sign[1].jpg

子どもの笑顔を増やしたいあなたに!
教師人生を幸せにする研修会

あなたの「困った」をすべて解決!オールQA講座

【講座1】事前Qに答えあう!ML発信QA講座

一人で悩んでいても解決しない、同僚の先生に聞いてもなんだか釈然としない…全国の先生方と情報を共有し、アイディアを出し合いましょう!教師の豊富な引き出しが、解決のカギです。

【講座2】授業限定!長谷川氏が答えるQA

授業行為のみに限定!長谷川氏がAをその場で実践!QA講座と秒殺講座のコラボレーション。授業力向上間違いなし。

【講座3】QAテープ起こしから長谷川氏の実践を分析する

今まで長谷川氏は参加者からのQにどのように答えてきたのか?その中に貫かれる柱とは?QA総復習と、新たな学びの宝庫です。

【講座4】学級経営・授業・保護者対応までどんと来い!ロングQA

あなたの「困った」をすべてその場で解決!もやもや感を一掃します!珠玉のAが次々に飛び出す、ALL長谷川氏のQA講座!

昨年度参加者の声

昨年度に続き今年度も特別支援コーディネーターを仰せつかりました。昨年度はほとんどコーディネーターらしい仕事ができず、今年度は本腰を入れて特別支援について学びたいと思い、今日のTOSSデーに参加しました。実際に発達障害をもつ生徒への対応については知らなかったことばかりで、教えて褒めること、パーツで組み立てること、意図的な氏名など、普段できていなかったことばかりです。担当学年には、診断はついていないものの、自閉傾向のある生徒がいます。また、他学年で注意欠陥の傾向のある生徒への授業での対応も考えながら聞かせていただきました。指示のあいまいさなど、普段自分の授業でもたぶんやっていることと思います。「特別支援にやさしい授業はすべての生徒にもやさしい」ということも念頭に置いて、もう一度普段の授業を見直さなくてはと思いました。貴重な学びの場をありがとうございました。(女性)

初めてセミナーに参加しました。驚くことばかりで、転入生になったような気分でしたが、新しい刺激をたくさん受けました。私は養護教諭です。子どもたちが辛くなり保健室に逃げてくることが多くあります。授業をしない分、担任・教科の先生方とは足並みをそろえつつ異なるアプローチができるのではないかと考えています。まだ、知識と経験も浅いです。今後も勉強と実践を重ねていきたいと思いました。(養護教諭)

本日もありがとうございました。事務局の先生方、お世話になりました。先生方のお話を聞くと、すごく元気になります。そして、またがんばろうと思えます。学ぶことを通して、自分が発する言葉や対応に注意深くなりました。無知であることが非常に怖いですし、子どもたちのことを考えると、学ぶことなしに教壇に立つことはできません。学べば学ぶほど、責任の重さを実感します。すべての子どもたちにとって優しい授業が私もできるようになりたいです。知識だけでなく、先達から学び、少しでも正しく対応できる技量を見につけたいです。(女性)

LinkIconお申し込みはこちらから

ページの先頭へ

ページの先頭へ

スタンダード

sr_photo_15.jpg
At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum dolor sitLinkIcon詳しくはこちら

sr_photo_17.jpg
Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diamLinkIcon詳しくはこちら

sr_photo_20.jpg
Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis autemLinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ